トップページ >  徹底比較!白髪染め >  泡カラーとトリートメントタイプの比較

泡カラーとトリートメントタイプの白髪染めを比較!

花王ブローネ泡カラー

花王ブローネの泡で染める白髪染め「泡カラー」。泡をもみこむだけで、生え際・根元の白髪にも染料が浸透して、ムラなくきれいに染まります。

レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー

レフィーネの白髪用ヘアカラートリートメント。シャンプー後のトリートメント代わりに使うだけで、簡単手軽に白髪が根元からきれいに染まります。


6つの項目で徹底比較!
【カラー】【香り】【刺激】【色持ち】【手間】【時間】の6つの項目で人気の「ブローネの泡カラー」と「レフィーネ ヘッドスパトリートメントカラー」を比較してみました。

泡タイプとトリートメントタイプ。次に使ってみたいのはどっち!?

泡カラーとトリートメントのタイプ別の特徴とポイントを解説

カラー 香り 刺激 色持ち 手軽さ 時間
ブローネ泡カラー 12色 ×あり ×あり × ×20分
レフィーネ 4色 ○なし ○なし × ○10分程度
カラー(種類)
ブローネ泡カラーは12色とレフィーネのヘッドスパヘアカラーに比べてカラーバリエーションが豊富。なりたい髪色にあわせて選べる選択肢が豊富です。
香り
レフィーネのヘッドスパヘアカラーは白髪染め独特のツーンとした嫌な臭いがないので、快適に毛染めができます。一方ブローネ泡カラーは、独特の香りがシャンプー後も残ります。
刺激(髪や頭皮へのやさしさ)
パラペンフリーで髪や頭皮に負担をかけないトリートメント成分が入っているレフィーネのヘッドスパヘアカラーに軍配があがります。染めた後の髪のゴワつきや頭皮のかぶれなどがないのがいいですよね。
色持ち
髪や頭皮へのやさしさを犠牲にして髪内部にまで色素を浸透させるため、ブローネ泡カラーのほうが色持ちはいいです。なお、泡タイプは部分染めには不向きです。
手軽さ(準備や後処理)
レフィーネのヘッドスパヘアカラーはシャンプーの後のトリートメントして使うだけでいいから簡単!手袋の準備などもいりません。お風呂に入ったついでにできるところも好評価です。
時間(染め上がり時間)
ブローネの泡カラーが20分(最大のさらに10分延長)に対してレフィーネのほうは10分程度とスピーディーに早染めできます。放置時間を延長しても刺激にならない点が◎

白髪染めトリートメント選び≪完全ガイド≫

無添加で選ぶ

髪と頭皮にやさしいもので選びたい!アレルギーや敏感肌の方向け

美髪成分で選ぶ

白髪と一緒に髪のボリューム不足も解消!ダメージヘア対策にも◎

費用対効果で選ぶ

1本でどれぐらい使えるの?使用回数/価格からお得なものGET!

最新の白髪染め事情

なぜ今、白髪染めトリートメントが人気なのか?使い方・特徴などを徹底解説。