トップページ >  > 染まりの悪さや色落ちが早いのはシャンプーが原因!?

染まりの悪さや色落ちが早いのはシャンプーが原因!?

白髪用ヘアカラートリートメントによく寄せられる苦情としては


要チェック 染まらない
要チェック 色落ちが早い


というものがあります。


確かに白髪用ヘアカラートリートメントはヘアマニキュアタイプの白髪染めなので、キューティクルを剥がし、髪の内部に染色するタイプの白髪染めと比べると染まりは悪いですし、色落ちも早いです。


ただ、いくら色持ちが悪いといっても1週間も経たないうちに落ちてしまうということはないです。もし、「染めてから1週間も持たない」「何度やっても染まりが悪い」という場合は白髪染めトリートメントと相性が悪いシャンプーを使っている可能性があります。


代表的なのが硝酸系シリコン剤配合のシャンプー・リンスを使用している場合です。


いま売られているほとんどのシャンプーがシリコンシャンプーといわれているものですが、シャンプーにシリコンを配合することで髪の毛をコーティングしてツヤが出て、指どおりをよくすることができるなど、とにかく見た目をよくすることができます。


CMでよくみられるあのサラサラで艶やかな髪なんかは典型的なシリコン髪です。


しかし、白髪用トリートメントにとっては、シリコン成分で髪がコーティングしてある状態はバリア膜が張っているのと変わらないので色をつけることが難しいんです。そのため白髪染めトリートメントの染まりをよくしようと思ったら一旦、髪に付着しているシリコンを剥がさないといけません。


固形石鹸で髪を洗うと髪が染まりやすくなるというのは固形石鹸を使うことで髪をコーティングしているシリコンを落とせるからなんです。


もうひとつシリコン配合シャンプーが白髪用ヘアマニキュアと相性が悪い点をあげると、それは洗浄力が強すぎるということです。硫酸系のシリコンシャンプーとなると汚れはよく落ちますが、同時に髪を染めた色も落ちやすくなります。


使うたびに髪がシリコンでコーティングされて色が落ちやすくなり、硫酸系の強力な洗浄力でさらに色落ちが早まるわけですから、これでは1週間もすればせっかく染めた髪色も剥がれてしまいます。


シャンプーに強いこだわりがあり、それじゃないとダメという場合は仕方ないですが、白髪を染めることを優先したいということであれば、『アミノ酸系』『ノンシリコン』というキーワードで、シャンプーを新しく選んでみてください。


最近は、昔と比べて髪と地肌の健康を気にする人が増えているので 『アミノ酸系』『ノンシリコン』のシャンプーが店頭でも通販でもみかけるようになり手に入りやすくなっています。


市販の大量生産シャンプーに比べるとちょっと高いんですが、髪や地肌の健康を考えたいとか、白髪染めトリートメントの染まりや色落ちを改善したいというのであれば使って損はしないシャンプーだと思います。


染まりが悪い、色落ちが早いとどうしても白髪用ヘアカラーのほうが悪いと思いがちなんですが、使っているシャンプーが染まりの悪さや色落ちを促進しているケースもあるということなんです。


普段使うシャンプーを白髪染めと相性のいいものに変えることでかなりの違いがでてきますからシャンプーをこれから選ぶという場合は、髪と頭皮に優しく、染まりや色落ちも改善してくれる、アミノ酸系・ノンシリコンシャンプーを選ぶようにしましょう。

白髪染めトリートメントの選び方<4つの視点>