トップページ >  白髪染めQ&A >  白髪は抜くと増えるって本当?

白髪を抜くと、増えるって聞いたけど本当ですか?

「白髪が抜いちゃダメ!増えちゃうから気になるなら根元から切って!」


といわれたことはありませんか?みるからに髪が白くなってしまったらさすがに 1本1本抜く気もなくなるんですが、数本の白髪が気になるというぐらいであれば抜いたほうが早いし、きれいになるしよさそうなものです。


しかし、「白髪は抜くと増えてしまう」と、いろいろな人がいいますよね?この話は本当のことなのか、それとも根拠のない都市伝説なのか気になるところです。


◆ 白髪は抜くと増える?肯定派の意見

頭皮を拡大して見るとよくわかることですが髪の毛というのはひとつの毛穴から3本くらい生えています。ちらほら白髪が目立つという程度であればだいたいこのうちの1本が白髪です。


その1本の白髪を抜くということは、同じ毛穴にあるほかの毛の根本部分にある毛球も一緒にダメージを受けてしまいます。だから1本でも白髪を抜くと、その周りに生えている毛の毛球もダメージを受けて、白髪になりやすくなるといわれているんです。


なるほど。確かにこういわれるとそんな感じがしますね。でも、白髪は抜いても白髪は増えないという否定派の意見もあるので、そちらもみてみましょう。


◆ 白髪は抜くと増える?否定派の意見

白髪は、そもそも毛髪の根元にある毛母細胞の間にあるメラノサイト(色素形成細胞)で作られるメラニン色素が減少・消失することが原因なので、白髪を抜くことが白髪を増やす原因にはならない。


そもそも白髪が気になる頃というのは既に毛根の代謝が低下し、日に日に白髪が増えている状態なので最初は数本が気になって抜いていたけれど、あとからどんどん一斉に白髪が生えてくるの「凄く増えた」と、感じてしまうのがこの話の真相。


というのが否定派の意見です。


◆ 圧倒的に否定派が優勢です。

人間は、何もしなくても1秒1秒、年を取っているわけですから、白髪は増えて当たり前。白髪を気にする人は気にしているからこそ、自然増であってもその理由を探してしまうというのが事の真相のようです。


ただ勘違いしてほしくないのは、「白髪を抜いても増えないから大丈夫」と考えてしまって頑張って抜いてしまうことです。白くなったとはいえ健康な髪を抜いてしまうことは毛穴や毛根が傷つき、表皮を傷つける行為になるからです。


炎症を起こしてしまうのはまだかわいいほうで、表皮を傷つけてしまし、髪の毛の素となる「毛母細胞」がつくられる表皮の「基底細胞」を壊してしまうと、健康な髪が生えにくくなってしまう可能性があります。


要するに薄毛になってしまうということです。


白髪は染めればいいですが、毛根が傷ついて毛が生えなくなり薄毛になってしまった手の施しようがありません。だから、髪はハゲるから抜いてはダメ。ということなんです。


白髪は抜いても増えません。しかし....

白髪は気になりだすとどんどん増えたように感じますが、抜くことと直接関係はありません。しかし、抜くと健康な表皮が傷つくので髪が生えにくくなるので注意!


白髪染めトリートメントの選び方<4つの視点>