トップページ >  > 白髪を減らす方法を発見!?興味深い2つの事例

白髪を減らす方法を発見!?興味深い2つの事例

最初に断っておきますが、これからお話することは個人の体験談です。


1つ目の白髪が減ったという体験談は、ネットで検索したところ実際に多くの人が経験・実感しているようなので、こちらはある程度の効果はあるのかな?と思います。


もうひとつの体験談ですが、これは私の母に起こったことで、こちらは検索してもさすがにヒットしませんでした。ただし、身近でみていて間違いなく、久々に母の姿を見た知り合いなどはこぞって「白髪が減った」「髪が黒くなった」というので、参考情報として紹介させてもらいます。


ということで何の話をするかというと「あること」をやったら白髪が減ったという話です。もちろん白髪が減ったといっても10代、20代の頃のように白髪など1本もない黒々とした髪が戻ってくるというわけではありませんし、白髪染めがいらなくなるぐらい白髪が減るということでもありません。


ただ、白髪の多い人にとっては明らかに見た目の印象として白髪が減って黒い髪が増えた実感できるものなので、そんな方法があるんだね、ぐらいに思って読んでもらえればと思います。


ということで早速、1つ目の白髪が減る方法を紹介します。「加圧トレーニング」です。


加圧トレーニングというのは腕や足の付け根などに専用のベルトを絞め、血流を制限した状態で筋肉トレーニングをするというものです。小さい負荷でも大きな負荷をかけてやったときと同じような効果がでるということで有名になったトレーニングなんですが、この加圧トレーニングにはもうひとつ成長ホルモンの分泌を促進する効果が知られています。


通常のトレーニングでも成長ホルモンは分泌されるんですが、加圧トレーニングはその10倍の成長ホルモンが分泌されるそうです。安静時と比べると300倍!といわれます。


成長ホルモンは年齢とともに減少していくホルモンですが、若返りホルモンといわれているように細胞を若返らせる効果もあり、加圧トレーニングをはじめて「白髪が減って黒髪が増えた」という人はとても多いんだそうです。


もうひとつの白髪が減った体験談は、「フラダンス風の骨盤体操」です。


母の白髪が減っていたのでその理由を尋ねたところ、ストレッチ教室に通うようになり、そこでフラダンスのような腰つきで、上から見たときに8の字を描くように骨盤を動かす体操をやるようになってから白髪が減ったということでした。


ベリーダンスやフラダンスなど独特の腰つきで踊るダンスには、女性ホルモンを活性化する作用があるそうで、母がやっているのフラダンス風の体操もおそらく同じように女性ホルモンの分泌を促す効果があって、結果的に白髪を減らすことにつながったのではないかと思います。


いずれの方法にしろポイントになるのは「ホルモン分泌を促す」ということ。


加齢によって成長ホルモンも女性ホルモンも分泌量は減ってしまうわけですが、トレーニングや体操などで人為的に分泌を促すことができるので、それが影響して髪が若返ることがありうるというわけです。


同じことをしてすべての人に同じ効果が期待できるかは正直わかりませんが、今現在、白髪が増えて何とか減らせないかと悩んでいる方や白髪が増えないように予防したいと考えている人にとっては、1つの参考事例になるのではないかと思います。


興味を持った方は、是非、挑戦してみてください。

白髪染めトリートメントの選び方<4つの視点>