トップページ >  最新!白髪染め事情 >  髪と地肌(頭皮)にやさしいがキーワード

髪と地肌にやさしい白髪染め、使ってますか?

白髪染めは髪や頭皮にダメージ今最も多く流通している白髪染めは酸化染毛剤(永久染毛剤)と呼ばれるタイプのもの。毛髪の内部にまで色が浸透するため、髪質に関わらずしっかりと発色させることができますが、髪や地肌にとってはかなり負担がかかります。


日を置かず染め直しをしたり、ブリーチやパーマ液との連続使用は髪や頭皮のダメージが一層ひどくなるので基本的には禁止。


アレルギーの症状も発疹やかぶれ、かゆみ等で済めばいいほうで、ひどいものになると喉の痛みや呼吸困難を引き起こすこともあるので扱いには注意が必要です。

≪髪、毛根へのダメージ≫
薬剤に含まれている過酸化水素が髪から水分を奪い取るため髪が乾燥してパサパサになります。髪のタンパク質を破壊し、キューティクルを剥がしてしまうので傷みがひどくなると、裂毛・枝毛・断毛などが起こるようになります。

≪皮膚炎、またはアレルギー症状≫
人体においてアレルギー反応を起こす成分が含まれており、肌に合わない人が使用すると、かぶれやかゆみ、発疹などの皮膚トラブルを引き起こす原因となります。まれにアレルギー反応や頭皮の炎症が原因で脱毛してしまうケースもあります。

髪と地肌にやさしい無添加の白髪染めが今人気!!

髪と頭皮に優しい白髪染め白髪を目立たなくして、髪や頭皮のダメージも最小限に抑えたい!


そんな理想に答えてくれるのがトリートメントタイプの白髪染め。なかでも当サイトの「無添加(低刺激)で比較」で紹介している白髪染めトリートメントは、パラペンフリーなど"無添加"といういままでの白髪染めでは考えられないほどの安全性と安心感から大ヒットしています。


クチナシやウコン、アナトーやシコンといった天然植物色素を使って髪表面をコーティングする「ヘアマニキュア」タイプなので、内部まで浸透する心配がなく、肌に付いてもヒリヒリする事もありません。


髪に負担をかけない植物染料や配合されている各メーカー自慢の美容成分のトリートメント効果で染めるたびに、髪が傷むどころか、むしろ元気になっていくというのがうれしいですよね!


「髪や地肌が傷むのはイヤだけど白髪が目立つのはイヤ!」とこれまで我慢して刺激の強い染毛剤を使っていた人にとっては、トリートメント成分がたっぷりの白髪染めトリートメントは、白髪を染める理想の商品といえると思います。


白髪染めトリートメントの人気ランキング【最新版】

レフィーネ ヘッドスパ トリートメントカラー

1本で3役(白髪染め・髪補修・スカルプケア)できるレフィーネの新しい白髪用カラートリートメント。300gと他と比べて100gも多くコスパ抜群です。
価格:3,600円 送料:600円

利尻ヘアカラートリートメント

髪と頭皮を傷めない白髪染めとして業界地図を塗り替えた大ヒット商品です。
価格:3,240円(送料別)

髪を傷めない白髪染め!CMや新聞でも話題沸騰!≪サスティ≫
ルプルプ

利尻ヘアカラーに対抗して開発したガゴメ昆布配合の白髪染めトリートメント。
初回価格:1,980円(送料無料)

ルプルプヘアカラートリートメント