トップページ >  最新!白髪染め事情

髪と地肌にやさしい白髪染め、使ってますか?

白髪染めは髪や頭皮にダメージ今最も多く流通している白髪染めは酸化染毛剤(永久染毛剤)と呼ばれるタイプのもの。毛髪の内部にまで色が浸透するため、髪質に関わらずしっかりと発色させることができますが、髪や地肌にとってはかなり負担がかかります。


日を置かず染め直しをしたり、ブリーチやパーマ液との連続使用は髪や頭皮のダメージが一層ひどくなるので基本的には禁止。


アレルギーの症状も発疹やかぶれ、かゆみ等で済めばいいほうで、ひどいものになると喉の痛みや呼吸困難を引き起こすこともあるので扱いには注意が必要です。

≪髪、毛根へのダメージ≫
薬剤に含まれている過酸化水素が髪から水分を奪い取るため髪が乾燥してパサパサになります。髪のタンパク質を破壊し、キューティクルを剥がしてしまうので傷みがひどくなると、裂毛・枝毛・断毛などが起こるようになります。

≪皮膚炎、またはアレルギー症状≫
人体においてアレルギー反応を起こす成分が含まれており、肌に合わない人が使用すると、かぶれやかゆみ、発疹などの皮膚トラブルを引き起こす原因となります。まれにアレルギー反応や頭皮の炎症が原因で脱毛してしまうケースもあります。

髪と地肌にやさしい無添加の白髪染めが今人気!!

髪と頭皮に優しい白髪染め白髪を目立たなくして、髪や頭皮のダメージも最小限に抑えたい!


そんな理想に答えてくれるのがトリートメントタイプの白髪染め。なかでも当サイトの「無添加(低刺激)で比較」で紹介している白髪染めトリートメントは、パラペンフリーなど"無添加"といういままでの白髪染めでは考えられないほどの安全性と安心感から大ヒットしています。


クチナシやウコン、アナトーやシコンといった天然植物色素を使って髪表面をコーティングする「ヘアマニキュア」タイプなので、内部まで浸透する心配がなく、肌に付いてもヒリヒリする事もありません。


髪に負担をかけない植物染料や配合されている各メーカー自慢の美容成分のトリートメント効果で染めるたびに、髪が傷むどころか、むしろ元気になっていくというのがうれしいですよね!


「髪や地肌が傷むのはイヤだけど白髪が目立つのはイヤ!」とこれまで我慢して刺激の強い染毛剤を使っていた人にとっては、トリートメント成分がたっぷりの白髪染めトリートメントは、白髪を染める理想の商品といえると思います。


美容室と自宅染めをうまく使い分ける!

白髪の目立たないきれいなヘアスタイルをキープしようと思ったら美容室で染めてもらうだけでもダメですし、自宅染めだけで完結できるものでもありません。

美容室で染めてもらうことと、自宅染めの優れているところと劣っているところを見極めて相互に補完するように利用すると、お金も手間も節約して常にきれいなヘアスタイルをキープすることができます。

≪美容室で染めるメリット・デメリット≫
一般的には「染め上がりがきれい」「色もちがよい」。ただし、・髪や頭皮に負担がかかるので何度もできない・お金と時間がかかる・普段のヘアケア(自宅染め含む)に影響されるといったデメリットもあり。

≪自宅染めのメリット・デメリット≫
髪や頭皮に負担にならない。お金と時間を節約できる。気になったときにすぐにできる。(※トリートメントタイプを利用した場合)デメリットは色ムラや染め残しができやすい、色落ちなどがあります。

お金 仕上がり 刺激 色持ち 手軽さ 時間
美容室 ×高い ○きれい ×強い ○いい ×面倒 ×1時間
自宅染め ○安い ×腕次第 ◎なし ×心配 ◎楽 ◎10分

自宅染めには経済的な白髪染めトリートメントが1番

白髪染めトリートメントが一番月に1回、定期的に美容室で白髪を染めても、2週間もするとちらほら生え際を中心に白いものが目立ちはじめ、4週間目にもなるとかなり白髪が気になってきます。


白髪染め+トリートメント代、これにカット料金も加わるとかなりの出費になるはずですから、生え際の部分染めだけのためにそう頻繁には美容室まで通うこともできない人がほとんどでしょう。


だからこそ、自宅染めするわけですが、ここで注意したいのが、自宅染めをする際には酸化染料剤等の刺激の強い白髪染めを使わないようにしたいということ。 髪が傷みすぎると色がほとんど定着しなくなり、せっかく美容室で高いお金を払ってキレイに染めた白髪もすぐに目立ってきてしまうようになってしまうんですね。


自宅染めをするなら髪や地肌に負担をかけないトリートメント効果のある白髪染めが1番。 準備が不要でお風呂で使えて手間いらずですし、染め上がりも圧倒的に早いです。美容室に比べて1回あたり200~300円で毛染めできるので、髪にも家計にもやさしいと思います。


白髪染めは抜け毛や薄毛の原因になるの?

抜け毛と薄毛白髪染めメーカーは直接の関係性はないと否定していますが、「白髪染めをはじめてから抜け毛が増えた」ということは体験談・経験談としてよく耳にします。


刺激の強いもので染めれば、髪や毛根はダメージをうけますし、アレルギー反応や頭皮の炎症が原因となって脱毛してしまうことはありますから、それが続くようならダメージが蓄積された頭皮がどうなるかはいわずもがな、白髪染めが抜け毛に関係していると疑ってもおかしくはないでしょう。


老けてみられないために白髪染めを一生懸命使っていたら髪の毛が抜けて、地肌が透けるくらい髪が薄くなってしまった!なんてことになったら笑えませんよね。


白髪の悩みに薄毛も加わってしまったらそれこそ泣くに泣けませんから。


「白髪&薄毛」という最悪の事態を避けるためには、やはり髪や頭皮に刺激のない安全な白髪染めを使用することが一番でしょう。


髪や頭皮が傷まないのであれば、炎症が起き、毛根にもダメージが及ぶといったこともないので、将来的な抜け毛や薄毛を予防することにもつながりますからね。

白髪染めで女性の薄毛・細毛(=ボリューム不足)の悩みも解消?

細毛ボリューム不足白髪とともに年齢を重ねた女性の髪の悩みとして数えられるのが髪のボリューム不足。髪にコシヤツヤがなくなり、髪が細くなり、髪全体にボリューム感がなくなって地肌が見えてくるというものです。


女性用の育毛剤があることを考えるとそれだけ細毛(=ボリューム不足)に悩む女性が多いということなんでしょうね。
年齢の影響が大きいともいわれますが、頭皮の問題ですから普段からのヘアケアに対する心がけで、細毛という問題はだいぶ予防できます。


そんな普段からの心がけのひとつがどんな白髪染めを選び、使っていくかということです。


白髪を染めながらそのトリートメントで髪に美容成分を与えて髪のコシやツヤをキープできるトリートメントタイプの白髪染めは、白髪染めとしてだけでなく、細毛というもうひとつの髪の悩みにも効果的です。


なかでも、レフィーネのヘッドスパトリートメントカラーはヘッドスパ成分を配合しており、白髪染めでありながら頭皮ケア(スカルプケア)ができるというすぐれもの。毛髪を支える地肌力を鍛えることができるということで、今人気急上昇中です。


部分染めと全体染めの使い分けができていますか?

全体染め
はじめての白髪染めや、しばらく染めていなかったときは、全体染めをします。染める範囲が広いため、自分で塗るのには時間がかかり、色ムラにもなりやすいです。乳液タイプ、もしくは液状タイプの白髪染めを使いますが、キレイに仕上げるなら美容室にいったほうがいいです。

部分染め
生え際など新しく伸びてきた白髪や他の部分にくらべて色が落ちてきたところは部分染めします。部分染めには気になった部分だけに塗布しやすい液だれしないクリームタイプ(レフィーネ他)やトリートメントタイプ(利尻ヘアカラー他)を使いましょう。しっかり髪に絡みつくので、リタッチにぴったりです。

白髪染めでは、全体染めと部分染めを上手く使い分けることで、髪への負担を減らすことができますし、美容室での白髪染めの回数を減らせるのでお金の節約にもなります。一度全体を染めたら、その後2~3回は部分染めで色をキープするのがポイントです。

部分染め(リタッチ)におすすめの白髪染めはこれ!

利尻白髪昆布 白髪染めは髪や頭皮に負担がかかってしまうということで最低でも1ヶ月、できればそれ以上の期間をおくのが理想ですが、その間にも髪は伸びてきますし、生え際や根元の白髪は目立ってしまいます。


新しい白髪が伸びてくる度に全体染めをしてしまうと、髪と頭皮に負担がかかりすぎてボロボロになってしまうため、髪への負担を減らしながら、気になる部分だけに色をいれて全体の色を保ちたいところ。

そんなときにチャレンジしたいのが部分染め(リタッチ)です。


そしてこの部分染め(リタッチ)にぴったりなのがトリートメントタイプの白髪染め。


要チェック染料や配合成分が髪や頭皮に負担をかけない。
要チェック生え際が塗りやすい。
要チェック使い置きできて何度も使える。


部分染め(リタッチ)向けの白髪染めとして、条件をばっちり満たしているんですね。レフィーネのヘッドスパトリートメントカラーなどは、パラペンフリーですから髪や地肌を傷める心配が一切なく、思いきって使えるので、染め残しや色ムラもなく、きれいに染め上げることができるはずです。


染め直しを何度しても髪や頭皮に負担がかからないし、新しく伸びてきた生え際の白髪にもすぐに色をいれられますから白髪の目立たないヘアスタイルをキープするのに非常に役立つはずです。

妊娠中・授乳中のヘアカラー(白髪染め含む)

妊娠中・授乳中の白髪染め 妊娠中や生理中は、白髪染め・おしゃれ染めは基本的には禁止です。理由はホルモンバランスの変化により、皮膚が過敏になっていて、特に頭皮がかぶれやすくなっているからです。


それからこれは専門家でも意見が分かれているので、断定的なことはいえないのですが、ヘアカラーの染料成分が頭皮から毛細血管に入り込んで、胎児に影響してしまうという声もあります。

(ちなみにヘアカラーのメーカー側は染料成分がお腹の赤ちゃんに影響することはないとの立場で見解を述べています。)


いずれにせよ、白髪が気になる妊娠中の身としては、妊娠中であっても白髪が目立つような汚い頭髪よりはキレイにしていたいし、でも、お腹の赤ちゃんのことを考えると、リスクがあることはできるだけ避けたいというのが本音だと思います。


妊娠中の白髪染めをどうするか?という問題を解決するのは実は簡単で、母体や胎児に影響しない安全な無添加の白髪染めを使えばいいんですね。


要チェック デリケートになった頭皮にも胎児にも影響しないから安心
要チェック 嫌なニオイがしないからつわりの時期でも気持ち悪くならない。
要チェック 重いお腹を抱えて、美容室へ手間が省ける(お金も節約できる!)


無添加の白髪染めトリートメントは、妊娠中だけでなく、子供を生んで授乳をはじめてからも成分の心配をしなくていいので、安心して使えます。



 | トップページ |