トップページ >  白髪染めQ&A >  染まらない・染まりにくいときのコツ

白髪が染まらない・染まりにくいときのコツ


なかなか白髪に色が入らないんですが・・・

白髪をキレイに染めるポイントは、大きくわけて4つあります。


要チェック 髪質

要チェック 部屋の温度(室温20~30度)

要チェック 放置時間(所定時間を守る)

要チェック 塗布量(染まりにくい部位は増やす)


ダメージのある髪は最初からキューティクルが開いているため色が染まりやすい傾向があります。逆にいうとパーマもカラーリングもしたことがない健康的な染まりづらいです。


石鹸で髪を洗うとキューティクルが開いて染まりやすくなるという裏技もありますので、あまりにも色が入らないという方は試してみるといいかもしれません。他にも「細い」「やわらかい」「パーマがかかりやすい」「色が明るい」という髪質は染まりやすいようです。


トリートメントタイプの白髪染めの場合は、酸化染料剤を使用した市販の白髪染めのように髪を傷めつけてでも1回で完璧に染めるというものではなく、髪をいたわりながら徐々に染めていくというものなので、染まりにくいと感じるかもしれません。


ただ、それも「ヘアキャップを使ってみる」「シャンプーやヘアケア剤をノンシリコンに変えてみる」といった工夫でだいぶ染まりやすくできます。是非試してみてください。


染まり方を左右する4つの要素

「髪質」「温度」「放置時間」「塗布量」。いまいち白髪が染まらない!と思ったらこの4つの要素を見直してみてください。改善の糸口があるはずです。


白髪染めトリートメントの選び方<4つの視点>